岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

「音遊び」セミナー

   

音楽で遊ぶこと、その中で身につける

「音楽」や「ピアノを弾くこと」は楽しいはずなのに、

最初は楽しくてもだんだん難しくなって、

音符がどうの、これなんの音?など壁に当たります。

そして「楽しくなくなり」ピアノのレッスンをやめてしまいます。

そんな時どうやって乗り越えるかは、指導者の力量にかかっているのかもしれませんが、

生徒さん自身が乗り越えなければいけない部分もあります。

しかし、先日受講した講座では画期的な指導法で

「音で遊ぶ」中から大事な知識やテクニックを身につけていくメソッドでした。

私もいろいろなメソッドを勉強しましたが、

今までにないやりかた、考え方の講座でした。

「遊び」だと子どもは夢中になる

子どもは、最初は遊びの中でいろいろなことを学びます。

でもその遊びは大切なことを組み込んでいるにも関わらず、

子どもたちは楽しいから何度も何度もくりかえして遊ぶんですね。

難しいことを難しく教えるのは誰でもできますが、

難しいことを「遊び」の中に組み込むことは誰でもできないことです。

この、「音楽のあそび方~ポリモーダル・アプローチ」により

「音遊び」→「即興演奏」→「作曲」→「楽譜を書く」→「読譜」につながる

というわけです。

この内容を詳しく掘り下げて教えていただけるのが9月なので、

このメソッドでのレッスンは10月以降になりますが、

ず~~っとクラシック畑で難しい音楽の勉強をしてきた私自身が

「遊びの中から学ぶ、大事なこと」を実感したメソッドなので

必ず生徒のみなさんにも喜んでもらえると確信しています。


興味のあるかた、お問い合わせはこちら

 - セミナー, 教材 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

今日はコードネームの指導法勉強会

コードネーム エレクトーンでは普通に出てくるコードネームは、ピアノのレッスンでは …

絶対音感フォローアップ講座を受けてきました

江口式「絶対音感プログラム」の極意を習得できました さくらんぼピアノ教室で実施し …

子どもの音楽知育ネットワークの

親子ベビータッチ講座を受講しました。 「親子ベビータッチ」は、ベビーリトミックや …

「乳幼児の発達とピアノレッスン」セミナー受講完了

講師の石黒加須美先生は この本の著者です。 石黒先生のセミナーは何年も前から受け …

昨日は大阪にて勉強会でした

ピアノを弾くための「身体の使い方」 ピアノを弾く時に使う身体は「手」や「指」だけ …

教室の備品について

5線のホワイトボードを取り付けました ずっとつけたかった「5線のホワイトボード」 …

これからの学校教育も変わります

考えて自分で行動できる 大学入試制度が変わることにより、学校教育の内容も変わって …

レッスンでグッズを使う理由

なぜ今、レッスングッズなのか? 私が子どものころ、ピアノのレッスンで何かグッズを …

発表会が終わってから・・・

6月、7月は発表会に向けての毎日でした 発表会の二か月前は、プログラムの作成、印 …

ベビーリトミック in 京都

本当に大切な1歳までの刺激と成長 リトミックが子どもたちの成長にどんなに大事かを …