岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

「音遊び」セミナー

   

音楽で遊ぶこと、その中で身につける

「音楽」や「ピアノを弾くこと」は楽しいはずなのに、

最初は楽しくてもだんだん難しくなって、

音符がどうの、これなんの音?など壁に当たります。

そして「楽しくなくなり」ピアノのレッスンをやめてしまいます。

そんな時どうやって乗り越えるかは、指導者の力量にかかっているのかもしれませんが、

生徒さん自身が乗り越えなければいけない部分もあります。

しかし、先日受講した講座では画期的な指導法で

「音で遊ぶ」中から大事な知識やテクニックを身につけていくメソッドでした。

私もいろいろなメソッドを勉強しましたが、

今までにないやりかた、考え方の講座でした。

「遊び」だと子どもは夢中になる

子どもは、最初は遊びの中でいろいろなことを学びます。

でもその遊びは大切なことを組み込んでいるにも関わらず、

子どもたちは楽しいから何度も何度もくりかえして遊ぶんですね。

難しいことを難しく教えるのは誰でもできますが、

難しいことを「遊び」の中に組み込むことは誰でもできないことです。

この、「音楽のあそび方~ポリモーダル・アプローチ」により

「音遊び」→「即興演奏」→「作曲」→「楽譜を書く」→「読譜」につながる

というわけです。

この内容を詳しく掘り下げて教えていただけるのが9月なので、

このメソッドでのレッスンは10月以降になりますが、

ず~~っとクラシック畑で難しい音楽の勉強をしてきた私自身が

「遊びの中から学ぶ、大事なこと」を実感したメソッドなので

必ず生徒のみなさんにも喜んでもらえると確信しています。


興味のあるかた、お問い合わせはこちら

 - セミナー, 教材 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ミュージックマインドゲームズ 3日目

へ~!へ~!と感心ばかり! 1つの知識を習得するためにいくつものカードゲームがあ …

コンクール、そしてセミナー

グレンツェンピアノコンクール グレンツェンピアノ研究会からコンクールの案内が郵送 …

ドレミトランプ完成~♬

まず、一人分できた!! ず~っと作りたくて作りたくて試行錯誤を重ねていた、「ドレ …

発表会後のお休みを利用して

秋季特別講習会に参加しました 今日は0歳~6歳までに起こる「敏感期」について学ん …

乳幼児の発達とレッスン

乳幼児とは? 児童福祉法でいう乳児とは、「満 1 歳に満たないもの」 幼児とは、 …

12月からレッスンを始めたS君

使用テキストは「音遊び」 「作る」をテーマに考えてピアノを弾くメソッド「音あそび …

ピアノ de  ボディパーカッション

すべての子どもたちが楽しめる「ボディパーカッション」 1月29日、大阪で行われた …

田村智子先生のセミナー

3月10日、大阪で田村智子のセミナーを開催してきました 田村先生は、さくらんぼピ …

ピアノを弾くためのからだについて

脱力して動かす レッスンをしていると、子どもたちはとても身体が固いです。 もとも …

連休を利用して

勉強に行ってきました 初めて横浜の勉強会に参加しました。 講師は横浜在住の内海淳 …