岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

言葉に出す、ということ

      2017/07/07

もはや「孫弟子」のとき・・・・

私は平静元年に結婚して倉敷でピアノ教室を開きました。

当時の生徒さんたちはすでに大人になり、子どもを連れて会いに来てくれたりします。

子どもにも時々ピアノを弾いて聞かせているそうで、

そのようなピアノのある生活の中で彼女が母親業をしていることを

とてもうれしく思います。

今の生徒さんたちも、お父さんやお母さんになったとき、

生活の中に「音楽」がありヒット曲や、

映画を見て感動したらその主題歌を「弾きたい!」と思ったとき、

弾けるチカラをつけてほしいと思います。

レッスン中に「無理!」「できない!」「だめ!」と言う

「思考は行動を左右する」と聞いたことがあります。

「できな~い」といった瞬間、脳はできない方向にシフトするので、

できません。

逆に思っていないけど「できる!」と言葉にすることで

できるように行動するので、できるようになるんですね。

レッスン中も「無理」や「できない」という生徒さんは

すでにその言葉を発した時から「できない」方向に自分を向けているので、

そこを修正することがレッスンのスタートになります。

指導者の私から見て、絶対できるのに「できない」と言う・・・・

だから、まず「できない」「無理」の言葉を言わないようにすること。

この約束を守ったらどんどんできるようになってきました。

最近めきめき伸びているKちゃん、

今日のレッスンで「好奇心旺盛な」Kちゃんを指導した時、

「この部分ちょっとひっかかるね。難しいからここばかり何回か練習してみようね」

と私が言うと「ん!」と言って弾き始めます。

これですね。

「やだ~」とか「できな~い」と言わないで「はい!」と言ってするこの素直さ。

これがピアノだけでなく、すべてにおいて伸びる要素です。

でもそこは子ども。

大人が思うようにはいきません。

私ができることは少なくとも、ここ「さくらんぼピアノ教室のレッスン室」では

使ってはいけない言葉があります。

それは、「できない」「無理」「だめ」という言葉。

私がそう言うと、ほとんどの生徒さんが不思議と言わなくなります♬

ピアノのことだけじゃなくて、学校の勉強や友達関係にも

同じような気持ちでいてほしいなと思います。

 

 

 - ピアノ教室関連一般, レッスン, 生徒さん , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

教室だより2月号を渡します

教材の申し込みやかるた大会について 2月号では、3月の「音楽かるた大会」について …

発表会の選曲

ソロと連弾の曲を選んでいます クラシックを中心に選んでいますが、連弾では生徒さん …

ピアノの上達に才能はどれくらい必要か

才能とは 「才能」という言葉は、生まれ持った「天性」というような 「素質」を意味 …

昨日は大阪にて勉強会でした

ピアノを弾くための「身体の使い方」 ピアノを弾く時に使う身体は「手」や「指」だけ …

おんがくかるた大会を開催しました

3月24日、1部、2部、3部、4部のグループに分かれて行いました。 おんがくかる …

脱力奏法を取り入れたレッスンです

Kちゃんの「脱力できた手」での演奏です。 昨年12月からレッスンに通い始めたKち …

今日は「教本セミナー」へ

数々の教本の特徴を知りました 私の子どものころ、ピアノのレッスンと言えば「バイエ …

今年最後のセミナー

脳トレスペシャルセミナーとマッピングセミナー 今年最後のセミナーは、レッスンを効 …

あらためて「すごい!」と思う絶対音感

お母様からの人生最高のプレゼント! 「絶対音感」を、ある程度成長したお子様がつけ …

調べ学習のプリント作成

音楽史について プリントを作っています。 夏休み後半を利用して調べましょう。 提 …