岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

「フォルマシオン・ミュジカル」という新しいソルフェージュ

   

日本のソルフェージュというと

「リズム」をたたいたり、「譜読み」の練習、先生がピアノを弾いて書き取る「聴音」などが主流です。

今日受けてきた講座は「フォルマシオン・ミュジカル」という、フランスの文部科学省が制定している教育システムです。

日本のソルフェージュと大きく何が違うかというと、

大作曲家の作品を教材として取り上げ、読譜、リズム、音程練習、移調練習、楽曲分析、音楽理論、音楽史、即興、歌唱など、いろいろな角度からのアプローチしているところです。

 

images

 

通常ピアノのレッスンでは、生徒のみなさんが練習するべき宿題を私が出し、

それを1週間かけて練習してきた結果、ちゃんと弾けてるか、間違いはないか、抑揚はついているか表現できているかなどチェックします。

間違いがあればそれを正し、良く弾けないところは練習のしかたを指導します。

レッスン時間の大半はピアノを弾くことに時間を割きます。

そして生徒ちゃんが練習不足でやって来たら、そのフォローで時間を費やしてきました。

でも・・・・

それでは楽しくないんです、私も生徒ちゃんも。

練習しなければ弾けるようにならないけれど

弾けるようになるために、畑でいうと野菜をつくるための「土作り」が音楽でいう「ソルフェージュ」なんです。

ソルフェージュがしっかりできているとピアノは弾ける。

実は、私自身が音大に行くためのソルフェージュをやってきたので、

今日の講座は目からうろこが落ちる思いで受けてきました。

今までのレッスンでの「ソルフェージュ」を進化させる必要がある、と気持ちも新たにしています。

「音楽の総合力」を身につけなければピアノは上手にならないし、

練習の意欲もわかない・・・・

セミナーに行って勉強すれば

昨年から積極的にセミナーに行っているので、今新しい知識や情報で頭の中がパンパンになっています。

でもインプットできてもアウトプットできなければ何にもならないので、

これからは徐々にレッスンに反映していきます。

昨日のセミナーの様子です♫

17.02.05-1-thumbnail2

 

 

 

 - セミナー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「音遊び」セミナー

音楽で遊ぶこと、その中で身につける 「音楽」や「ピアノを弾くこと」は楽しいはずな …

ピアノ de  ボディパーカッション

すべての子どもたちが楽しめる「ボディパーカッション」 1月29日、大阪で行われた …

コンクール、そしてセミナー

グレンツェンピアノコンクール グレンツェンピアノ研究会からコンクールの案内が郵送 …

ペースメソッドの勉強会に参加しました

ピアノのレッスンに求められていることとは? ペースメソッドの勉強会は、 「これを …

レッスンでグッズを使う理由

なぜ今、レッスングッズなのか? 私が子どものころ、ピアノのレッスンで何かグッズを …

乳幼児の発達とレッスン

乳幼児とは? 児童福祉法でいう乳児とは、「満 1 歳に満たないもの」 幼児とは、 …

絶対音感フォローアップ講座を受けてきました

江口式「絶対音感プログラム」の極意を習得できました さくらんぼピアノ教室で実施し …

今日はコードネームの指導法勉強会

コードネーム エレクトーンでは普通に出てくるコードネームは、ピアノのレッスンでは …

発表会が終わってから・・・

6月、7月は発表会に向けての毎日でした 発表会の二か月前は、プログラムの作成、印 …