岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

「目からウロコのピアノ奏法」

      2018/02/23

馬場マサヨ先生のセミナーを受講しました

1年くらい前、ヤマハ倉敷店で「目からウロコのピアノ奏法」の本を見つけました。

その時は、この「目からウロコ」という言葉がいかにも「売り文句」のように思えて購入に至りませんでしたが

馬場先生が岡山でセミナーをされると聞き、行くことにしました。

普段は県外に出かけますが、地元岡山で開催されるセミナーも大切にしなくては、との思いからでした。

しかし、そんな気軽な気持ちで出かけた私でしたが、馬場先生の知識と経験に基づいたレッスン内容に、

文字通り「目からウロコ」が落ちました。

「こんなやり方があるんだ~」と即!実践できる効果的に「読譜」のチカラをつける方法・・・・・

さくらんぼピアノ教室でも早速実践します♬

練習量が少なくても

私が子どものころからやってきた練習量、私がピアノ教室を始めてからの生徒さんたちの練習量、

その10年後の生徒さんたちの練習量、さらに10年後の生徒さんたちの練習・・・・

だんだん少なくなっていく傾向にあります。

体験レッスンで保護者の皆様にアンケートをとっても、

「音楽を楽しく、ピアノを楽しんでもらいたい」というご希望がほとんどです。

あたりまえのことですが、練習しないとピアノは上達しません。

そのことはみなさんわかっているけど、練習は面白くないからしないんですね。

「練習しなさい。練習しないから音が読めないのよ」とか「練習しないから上手にならないのよ」

と言ってしまえばそれまでです。

では、今のピアノのレッスンで「どうやったら練習量が少なく、効果的に」弾けるようになるか?

馬場マサヨ先生はご自身のレッスンで試行錯誤された結果、「目からウロコのピアノ奏法」を編み出されたんです。

ただの売り文句と思っていた本のタイトルでしたが、先入観にとらわれず講座を受講してよかったです♬

 

 

 

 

 - セミナー, ピアノ教室関連一般, レッスン , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

「フォルマシオン・ミュジカル」という新しいソルフェージュ

日本のソルフェージュというと 「リズム」をたたいたり、「譜読み」の練習、先生がピ …

教室に来た、アルコール消毒器は・・・

レッスン前には、まだまだ手洗い、消毒を続ける必要があります。 マスクをつけずに町 …

さくらんぼ教室だより1月号をお配りしています

12月号は発行できず、ファイルして楽しみにしていただいている保護者のみなさまには …

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。 レッスンは明日、1月8日から始めます。 岡山県でも …

レッスン枠、最新☆

現在満席です 今のところ、新規生徒さんの募集はストップしています。 空きができま …

今年はします、クリスマス会❣️

  去年はオンラインで開催したクリスマス会を、今年は5つのグループに分 …

使用している教本 「バスティン ピアノ パ-ティー」について

初歩の導入に取り入れている教本 その① ■ バスティン ピアノパーィー A~D …

発表会①

生徒ちゃんたちの笑顔で「ウェルカムボード」そして掲示物 ひまわりの花の中で、演奏 …

緊急事態宣言解除

早く日常を取り戻して マスクをして換気をして、鍵盤は消毒してのレッスンが続きまし …

時間がない

小学生のMちゃんのレッスンで 「先生、時間がなかったので練習できませんでした。」 …