岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

先週末は東京~静岡~京都でした③

      2018/03/25

3日目は京都でリトミックの勉強

ダルクローズ・リトミック京都研究会主宰の特別講座に行きました。

嵯峨嵐山の駅を降りたち、風情満載の竹林を通り少し歩いたところに京都研究会はありました。

 

セミナー中は撮影禁止だったので、様子を載せることはできませんが、

講師の馬杉 知佐先生におしえていただいたのは「感覚統合を軸としたリトミックのレッスン」です。

「感覚統合」とは?

「使うために感覚を組織化すること」です。

そのために、リトミックがどのように効果をもたらすか、

また、効果をもたらすリトミックのサブジェクトを教えていただきました。

子どもの感覚は大人の4倍敏感で、口と脳は一番直結しているそうです。

講師の馬辻先生と。

子どもは「遊び」から学ぶ

子どもたちに必要とされる「主体性」「興味・意欲」「達成感」「感覚運動体験」「チャレンジ精神」は

遊びから学ぶところが大きいとも教えていただきました。

このことは、常々私も言っていることで、子どもたちにとっては「遊ぶ」ことが一番です。

その遊びにいっぱい大事な要素を詰め込んで、楽しく遊んでて身につけることができるのです。

さくらんぼピアノ教室の年間行事の「おんがくかるた大会」も、その一つです。

今、生徒さんたちは自宅で楽しくかるた取りをして「音符」や「記号」など、音楽に関することを覚えていることでしょう。

私はみなさんが楽しくイベントの日を迎えられるように、準備をしていきます。

 

 

 

 

 - イベント, セミナー , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

考えられた「音楽ゲーム」

ミュージック・マインドゲームズ アメリカで考案された「ミュージック・マインド・ゲ …

子どもの音楽知育ネットワークの

親子ベビータッチ講座を受講しました。 「親子ベビータッチ」は、ベビーリトミックや …

発表会①

生徒ちゃんたちの笑顔で「ウェルカムボード」そして掲示物 ひまわりの花の中で、演奏 …

教室だより 7月号をお配りしています

 こ発表会の注意事項やリハーサルの内容が中心です 発表会前ですので、時期的にどう …

ピアノを弾くためのからだについて

脱力して動かす レッスンをしていると、子どもたちはとても身体が固いです。 もとも …

「フォルマシオン・ミュジカル」という新しいソルフェージュ

日本のソルフェージュというと 「リズム」をたたいたり、「譜読み」の練習、先生がピ …

発表会2017、保護者のみなさんのアンケートを紹介します

よかった!というお声から 昨年から、発表会が終わったらお父様、お母様にアンケート …

クリスマス会 2021

12月19日に少人数で開催しました 倉敷市のコロナ感染者はゼロを更新していますが …

今年最後のセミナー

脳トレスペシャルセミナーとマッピングセミナー 今年最後のセミナーは、レッスンを効 …

発表会の感想2

さくらんぼピアノ教室発表会2017のアンケートから Q 特によかった曲や好きな曲 …