岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

子育てを終えた今だから言えること

   

4歳までの大切さ

すでに3人の子育てを終えた今、4歳までの子育ての大切さを日々感じています。

私が実際に子育てをしている時は、もう夢中でした。

特に長男は初めての子であり我が家の「期待の星」でしたから、。

でもある時ふと、私の育児はこの子に何も困らせてない、と感じたのでした。

まるで長男の歩く道をほうきで掃き、石ころを拾い、おまけにアスファルトで舗装してころばないように、すべてを整えようとしている・・・

このままでは、人生を歩んでいく途中でもし転んだ時、どうやって起き上がったらいいかわからなくなる、と気づいたのでした。

それからです、あまり言いすぎないようにしたのは。

「きっと困るだろうな~」と感じても、命にかかわることでないかぎりは困るままに任せました。

そして、どうやったら解決できるか、自分で考えさせるようにしました。

困って困って自分で解決できないとき、親を頼ってきたらもちろん助けました!

でも、手を焼きすぎたり先に先に言いすぎるのもダメ。

子どもの思考力が伸びません!

ピアノのレッスンでも同じ

レッスンも「ここはこう弾いてこうしてああして」と言いすぎると、言われたままにしか弾けなくなります。

どうしてこう弾くのか、ここは何を感じるのか、そういう考え方や感じ方を教えないと一人立ちできません。

そう、一人立ちです。

ピアノのレッスンは子育てと同じ、いずれは一人立ちできるよう「楽譜を見たら、どう弾いたらいいか」がわかる生徒に育てなければならないと思っています。

時には「不親切」と感じることがあるかもしれません。

「月謝払ってるんだから、もうちょっとよく分かるように教えてくれてもいいのに・・・」と。

でも、月謝払ってる間だけ弾けて払わなくなったら弾けなくなった、そっちのほうがもったいないと思いませんか?

楽譜を見て考えて理解して感じて弾ける、そうなるためには教え込んではだめです。

困るからわかる

「どうやったらいいのかな」と困った時、人は解決方法を考えます。

「あ~だろうか、こ~だろうか」と考えても解決できなかった時には、「こうしたらどう?」とアドバイスします。

そうすることで、吸収し理解するレベルが高いものになります。

だから、最初はサクサク進まないかもしれませんが、小学校低学年まではじっくりと基礎がためです。

考えるチカラをつけたい!

こんな、さくらんぼピアノ教室です。

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ教室関連一般, レッスン, 生徒募集 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

3歳、4歳は鍵盤への導入が始まります。

みんな大好きなベル 生徒さんに大人気のベルです。 きれいな音で楽しくドレミを覚え …

BluetoothのBOSEのスピーカーを購入しました

ダウンロードした音楽を流す クリスマスコンサートで小学3年以上の生徒ちゃんたちが …

乳幼児の発達とレッスン

乳幼児とは? 児童福祉法でいう乳児とは、「満 1 歳に満たないもの」 幼児とは、 …

いよいよ大詰め!!

泣いても笑っても、この一週間!! のんきに練習していた生徒ちゃんたち、そろそろ焦 …

体験レッスン、続きます

今日と明日、2歳さんと4歳さんです 今日は通常レッスンは祝日なのでお休みです。 …

音符カードを使って

音よみのレベルアップをしてました! 今日、レベル5にアップしたSくん、表にシール …

「目からウロコのピアノ奏法」

馬場マサヨ先生のセミナーを受講しました 1年くらい前、ヤマハ倉敷店で「目からウロ …

今日で2014年も終わります

今年もありがとうございました     今年は何と言っても、発 …

あの、「クボタメソッド」の理論を基にしたピアノレッスン法

さくらんぼピアノ教室でも導入します 今回、通常のレッスンコースに加え、新たなピア …

1歳児、2歳児のリトミック

本当に大事な時期、1歳~2歳 おぎゃ~と生まれた赤ちゃんも、2歳になるころには脳 …