岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

ピアノという楽器

      2014/09/16

最初のレッスンで

ピアノ教室風景jpgレッスンを始めるにあたり、

ピアノという楽器が

どのようにして音が出るのかを、

私はピアノ教室の生徒のみなさんに

見てもらうようにしています。

グランドピアノのふたを開け

鍵盤を弾くと、中がどのように動いて

どうやって音がでているのか

その仕組みを目で見てもらいます。

小さな生徒さん達は興味津津、中を触りたがります。

(それはダメダメ!さわらないでねとたしなめて・・・)

鍵盤を抑えるとハンマーが弦を叩いて振動し空気が震えて音が出る、

低い音は太い弦、高い音になるほど弦が細くなる

その仕組みをお話します。

子どもたちはとても喜びます。

なぜこうするかというと

ピアノの中はグランドピアノじゃないと

そうは簡単に見ることができないからです。

現代でもご家庭にグランドピアノがある、というのは珍しいでしょう。

アップライトピアノも、調律の時には開くので見られますが

そう簡単には見ることができません。

私は最初に「ピアノ」という楽器を知ってほしいと思い

このように最初のレッスンに組み込んでいます。

子どもたちはとても興味を持ってくれるのですが、

毎回「見せて見せて!」と言って私を困らせます。

子どもたちにとって

楽器を知ることは、大事なことです。

音の出し方を知ることになるからです。

鍵盤をそろりと抑えていては音が出ない、

手の形やタッチなどレッスンで指導する内容が

なるほどとす~っと入っていきます。

幅広い音域を出せるピアノで

楽しく音楽を奏でることができるよう

指導してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ教室関連一般 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

先週末は東京~静岡~京都でした①

一日目は勉強仲間のご自宅訪問 東京で一緒に勉強している森田香先生のお宅に、仲良し …

これからの学校教育も変わります

考えて自分で行動できる 大学入試制度が変わることにより、学校教育の内容も変わって …

使用している教本 「バスティン ピアノ パ-ティー」について

初歩の導入に取り入れている教本 その① ■ バスティン ピアノパーィー A~D …

今日のレッスンでの「どうぶつリズムビッツ」

笑いこけて身に着く リズム練習のしかたにもいろいろありますが、 今月より導入した …

1歳〜2歳のリトミック

今日はYちゃんとHくんのリトミックのようすです 最初は「ごあいさつのうた」でお返 …

クリスマス会

今日はクリスマス会第一弾! レッスン室の飾りつけです。   今日は午前 …

今週のレッスン風景

生徒さんの演奏動画です ふたりともがんばって練習しました(^^♪ LINE@はじ …

さくらんぼピアノ教室だより6月号

グループレッスンについて 昨年、希望者で行っていた「異年齢によるグループレッスン …

言葉に出す、ということ

もはや「孫弟子」のとき・・・・ 私は平静元年に結婚して倉敷でピアノ教室を開きまし …

お母様から

レッスン開始から1年の I ちゃん 去年の10月からさくらんぼピアノ教室の生徒さ …