岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

ピアノという楽器

      2014/09/16

最初のレッスンで

ピアノ教室風景jpgレッスンを始めるにあたり、

ピアノという楽器が

どのようにして音が出るのかを、

私はピアノ教室の生徒のみなさんに

見てもらうようにしています。

グランドピアノのふたを開け

鍵盤を弾くと、中がどのように動いて

どうやって音がでているのか

その仕組みを目で見てもらいます。

小さな生徒さん達は興味津津、中を触りたがります。

(それはダメダメ!さわらないでねとたしなめて・・・)

鍵盤を抑えるとハンマーが弦を叩いて振動し空気が震えて音が出る、

低い音は太い弦、高い音になるほど弦が細くなる

その仕組みをお話します。

子どもたちはとても喜びます。

なぜこうするかというと

ピアノの中はグランドピアノじゃないと

そうは簡単に見ることができないからです。

現代でもご家庭にグランドピアノがある、というのは珍しいでしょう。

アップライトピアノも、調律の時には開くので見られますが

そう簡単には見ることができません。

私は最初に「ピアノ」という楽器を知ってほしいと思い

このように最初のレッスンに組み込んでいます。

子どもたちはとても興味を持ってくれるのですが、

毎回「見せて見せて!」と言って私を困らせます。

子どもたちにとって

楽器を知ることは、大事なことです。

音の出し方を知ることになるからです。

鍵盤をそろりと抑えていては音が出ない、

手の形やタッチなどレッスンで指導する内容が

なるほどとす~っと入っていきます。

幅広い音域を出せるピアノで

楽しく音楽を奏でることができるよう

指導してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ教室関連一般 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

連弾の合わせが始まりました

音楽を共有する連弾 ソロで弾くのと違い、相手に合わせ、相手を思いやる連弾。 今回 …

ペースメソッドの勉強会に参加しました

ピアノのレッスンに求められていることとは? ペースメソッドの勉強会は、 「これを …

新年度のレッスンノートができました。

改良を重ねて仕上がりました 昨年、初めて作った、さくらんぼピアノ教室オリジナル「 …

これまで指導した生徒さんの紹介

私の一弟子のMちゃん 私が大学を卒業して2ヶ月後に、 私の恩師の紹介でピアノのレ …

言葉に出す、ということ

もはや「孫弟子」のとき・・・・ 私は平静元年に結婚して倉敷でピアノ教室を開きまし …

今日で5月も終わり・・・

いよいよです 今週は月が替わり、木曜日のレッスンから6月になりますね。 6月から …

発表会2017の写真ができました。

今年はデーターでお渡しします   次のレッスンの時、ひとり一人にコピーしてお渡し …

今日は「教本セミナー」へ

数々の教本の特徴を知りました 私の子どものころ、ピアノのレッスンと言えば「バイエ …

今日はバレンタインディ💓

今週のレッスンでチョコレートを渡します モーツァルトの顔がついたチョコです。 食 …

発表会の感想が届きました

二日間お休みをいただき、 今日からレッスン再開です。 夏休みのため、今日は朝から …