岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

コツコツ練習するために効果的な方法

   

レッスンノートの活用 (小学生対象)

「この曲、練習してきてね」と言っただけでは練習できる生徒さんは、10人中一人くらいの割合でしょう。

私は「レッスンノート」の活用がカギだと思っています。

レッスンノート → 練習記録ノート と言った方がわかりやすいかもしれません。

これは、市販のものも多く出ていて何冊か購入してみましたが、ちょっと使いにくい感じがして「いいのないかな~」と探しているうちに、自分で作っている先生を知り

「そうか!自分で書きやすいものを作ればいいんだ!」という考えに至りました。

(でも、「自分で作る」って、簡単じゃないということが作ろうとして初めてわかりました。)

そして、今年は3年目で、この表紙のレッスンノート。

初版は全員に渡して、練習のポイントを記入して練習の記録を付けることを試みました。

今年度は「書く」と希望した生徒さんのみに渡しています。

書く意志がゼロの場合、このレッスンノートは私からの「圧」になるからです。

年度初めに生徒さんと渡す・渡さないを相談します。

一口に練習の記録といっても、ただ回数が多ければいいというものでもないし、中身が伴わない練習は効果がありません。

これは、Kちゃんのレッスンノートです。

練習できる日は多くはありませんが、内容を明確にした練習ができています。

練習内容を記録に取ると・・・

な~んとなく何回か弾いて終わるのではなく、「記録する」→「書く」→「視覚化する」ことにより必ず振り返りができます。

そこで「反省」や「意欲」が生まれ成長へとグレードアップしていくはずです。

とはいえ、「書く」というアクションを起こすことは多少なりともエネルギーが必要です。

車をスタートさせるときの「ブルン!」という発火のような・・・

でも、最初は先生にいわれたからしかたなく書いてる、という生徒さんがだんだん上達している手ごたえを感じています。

Kちゃんのように、がんばることやポイントをはっきりわかってピアノを弾くことが「練習の極意」と言えるでしょう。

今年で3冊目の「手作りレッスンノート」もまだまだ改善の余地があり、「もっと工夫しないと」と思っています。

来年度には理想のレッスンノートができるように、いろいろ試行錯誤します。

 

 

 

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

発表会、無事に終わりました

8月30日、灘崎文化センターの大ホールで行いました。 今回は、コロナウィルス感染 …

発表会のアンケート結果

発表会から1か月が経ち、保護者のみなさまにお願いしていたアンケートが返ってきまし …

明けましておめでとうございます。

2022新年が始まりました 今年はどんな年になるでしょうか? いえ、どんな年にし …

「子どもの育ちと音・音楽」という公演に行ってきました

なぜ、なんのために音楽するの? こんな素朴な問いかけから公演ははじまりました。 …

「音を聴く」ということ

最近の若者たち 携帯電話で音楽を聴くことがあたりまえのような現代、 その聴き方に …

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。 生徒のみなさんには、この年賀状を送りました。 …

プログラムができました

今年も手作りです 毎年パソコンと悪戦苦闘しつつ、今年もなんとか完成しました。 昨 …

生徒ちゃんが「わからん」と言う時

  「わからん」の使い方を考える① 私はレッスン中によく質問します。 …

教室だより3月号ができました。

1年間、ありがとうございました。 今年度も無事に終わろうとしています。 教室イベ …

1日10分が~

1日10分の練習を続けると 10分×7日で1週間で70分、 たとえ1日練習しなか …