岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

「子どもの育ちと音・音楽」という公演に行ってきました

   

なぜ、なんのために音楽するの?

こんな素朴な問いかけから公演ははじまりました。

「楽しいから」「好きだから」「人生の喜びとして」などなど、たくさんの答えがあると思います。

今日公演された講師の今川恭子先生は

「音楽を教える人、学ぶ人、子どもたちとかかわるすべての方々に、人が音・音楽とかかわって生きる道筋、

人と人とが音・音楽を介してかかわりながら育つ過程について」

映像と音声、他の研究者の方の考えなどを紹介しながらお話されました。

すべての赤ちゃんは生まれて間もなく「音・音楽」を関わりを持ち育っていきます。

乳児期は身近な「お母さん」の「声」や「歌」の影響が少なくありません。

お母さんが赤ちゃんの発する声を聞き取り反応してあげることで、そこにリズムや歌を感じます。

そして外の世界とかかわりを持つ「コミュニケーション」として「音・音楽」は役に立っているのです。

%e9%9f%b3

幼児期以降への歌へのつながり~

保育園や幼稚園に行くようになると、他の子どもたちとの「聴き合い」「響き合い」の中で子どもの声が育っていきます。

そして「歌う」ことは社会的・文化的な行いであり、すでに人として持っている能力です。

人間は話すのはあたりまえのことと同じく、「歌う」こと(音楽)も人としてあたりまえのこと。

その能力を伸ばすことが、人としての「文化の扉」を開くことになる。

と、文章に書くと難しく感じるかもしれません。

でも結局、「歌う」ことは生きる上で必要であり重要だということでしょう。

「ピアノを習う」ことも、ピアノさえ練習すればいいのではなく、

「歌う」ことによって豊かな表現ができるのです。

1歳半から始めます

ある意味、とても大事な時期が1歳半~です。

脳の細胞が活発で「音楽」はその発達を加速させます。

音楽のチカらによって「社会性」を身に着けることができる時期でもあります。

楽器を習う前に、「音楽」を習いにきませんか?

1歳半からレッスンを始められます。

まずはお問い合わせだけでもどうぞ~

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ワクチン接種2回目

新型コロナウィルスワクチン 2回の接種が終わりました。 熱や倦怠感など心配でした …

明けましておめでとうございます。

2022新年が始まりました 今年はどんな年になるでしょうか? いえ、どんな年にし …

プログラムができました

今年も手作りです 毎年パソコンと悪戦苦闘しつつ、今年もなんとか完成しました。 昨 …

クリスマス会、終わりました

昨日、無事クリスマス会をすることができました 第1部は就学前の生徒のみなさんです …

「練習」について

「ピアノの練習」について 「練習」とは「技能・学問などが上達するように繰り返して …

毎日の熱戦に興奮!

オリンピックが始まりましたね 4年に1回のオリンピックに向けて夢をかなえるために …

今週はお休みです

毎年、お盆はお休みです 我が家にもご先祖様をお迎えするお盆の行事があります。 結 …

テキスト終了

年中のKちゃん、 昨年12月に入会して約7カ月、 即興や作曲からピアノのレッスン …

さくらんぼピアノ教室の講師です

  自己紹介、というか私の映っているアルバムを・・・ 「ピアノ教室はど …

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。 生徒のみなさんには、この年賀状を送りました。 …