岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

「わからん」の使い方を考える②

   

昨日の続きです

レッスンでわかってると確認し、絶対におうちで練習できるようにしてレッスンを終えたMちゃん、

私は、今度こそは「わからん」とは言わない絶対の自信をもっていました。

でもでも・・・・

やはり「わからん」と言ってきたのです。

「あのレッスンでわからんって言われたら、教えようがない・・」と思った私。

でも、Mちゃんのある言葉に「もしかしたら・・・?」と思ったのでした。

「わからんかったから、練習できんかった

わからないから練習できないのよ

Mちゃんはお母さんに練習しなさいと言われる時「わからないから練習ができない」と言って練習しないらしいんです。

お母さんは「わからないんじゃ~、しかたがないわね。先生にもっとちゃんとわかるように教えてもらわなくちゃ」ということになり

母を通して「わからんって言うんです」とだけ伝えてくるんですね。

これはおそらく、「練習したくないから」ですね。

このMちゃんのように「わからん」という心の中には、

「練習したくない気持ち」が含まれています。

だからレッスンに来て「わからん」という生徒ちゃんには、

「どこがわからないの?」と聞きます。

わからないことがダメなんじゃなくて、何がわからないかを言語化して言えることが大切ではないでしょうか?

漠然と「わからん」と言う、何でもかんでも「わからん」と言う、

「わからん」が口癖になっている・・・・

というような状況になってほしくないと思います。

そして「わからん」といって練習を避けることもしてほしくないのですが・・・

明日は、「練習」についてお話します。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

クリスマス会、終わりました

練習した曲を弾いたあと、クイズやゲームで楽しみました。 午前の部のみなさん。 午 …

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。 生徒のみなさんには、この年賀状を送りました。 …

「子どもの音楽知育ネットワーク」

京都にてセミナーを受講しました この講座は「子どもの音楽知育ネットワーク」の七蔵 …

生徒ちゃんが「わからん」と言う時

  「わからん」の使い方を考える① 私はレッスン中によく質問します。 …

発表会の写真ができました

前回の発表会から、データーで渡しています。 その方が加工してアルバムに貼ったり、 …

今日は体験レッスンが2件でした

あぁ・・・・とうとう終わってしまいましたね、夏休み。。。。 今日は5週目の水曜日 …

「子どもの育ちと音・音楽」という公演に行ってきました

なぜ、なんのために音楽するの? こんな素朴な問いかけから公演ははじまりました。 …

毎日の熱戦に興奮!

オリンピックが始まりましたね 4年に1回のオリンピックに向けて夢をかなえるために …

桜を見に

毎年、近所の桜をみてお花見気分になっていましたが、今年は津山の鶴山公園まで行きま …

プログラムができました

今年も手作りです 毎年パソコンと悪戦苦闘しつつ、今年もなんとか完成しました。 昨 …