岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

レッスンの一場面

      2019/06/28

Aちゃんの場合

私はAちゃんに、よく質問します。

「この曲は何拍子?」、「この音は何の音?」、「この記号はどういう意味?」などなど、弾くための楽譜の内容にはじまり、

「この曲はどんな感じがする?」、「ここのところはどんな風に弾きたい?」という曲のイメージや表現に関することです。

Aちゃんの反応で、「・・・・・」と黙ってしまう場合、何かの理由があるから黙っているので、対応の仕方を指導します。

「Aちゃん、わからないこともあるからその時は、わかりませんって言っていいよ。

習ったのはおぼえているけど忘れちゃったんだったら、忘れましたって言っていいよ。

もし習っていないと思ったら、まだ習っていませんって言っていいよ。」

返事に困らないように指導した上でさらに「・・・・・」の場合、

待ちます。

1分、2分、5分、Aちゃんが何か言うまで待ちます。

30分のレッスンの中で「し~ん」とした時間はもったいないように感じますが、ここで私がしびれを切らしてAちゃんの言葉を引き出さなかったら

今後のレッスンでAちゃんは、「黙っていたら最後は先生が言ってくれる」と思うようになり、自分の意見や質問に対する答えを言わなくなるでしょう。

私はピアノ教室でピアノのレッスンをする上で、「教える」ということは、「育てる」と同じと考えています。

「ピアノを弾けるように教える」のではなく、「ピアノを弾ける子に育てる」ということを常に思っています。

1回のレッスンで5分や10分の「し~んとした時間」があっても、Aちゃんが私の質問に対して一生懸命考え答えなければと思えば

次のレッスン以降の「し~んとした時間」が短くなり、さらにはなくなっていくこと

それはその後のレッスン時間の有効活用につながります。

先に先にと手を差し伸べるのではなく、

「できるようになってほしい!」「言えるようになってほしい!」「弾けるようになってほしい!」

と願って待つこと。

そんな時、Aちゃんは「困った!」と思うかもしれないけれど、「困った時にどう行動するか」がわかるようになってほしいです。

お父様やお母様も、「ころんだ時は自分で起きられる子」に育ってほしいと思って子育てされていますよね?

私もピアノのレッスンの中で、そのように思って生徒さんたちに接しています。

今の時代、Aちゃんは一人ではありません。

このタイプの子どもさんは多いです。

私は我が子の子育て時代を振り返りながらレッスンしています。

Aちゃんの10年後を思い描きながら。。。。

 

LINE@はじめました

登録された方の個人情報は
こちらからは一切わかりません。
安心してご登録くださいね。
レッスン空き時間など
「トーク」からお気軽にお問い合わせください

  体験レッスン受付中
  0歳からシニアまで

友だち追加

 お問い合わせはこちら

 

 - ピアノ教室関連一般, レッスン, 子育て, 生徒さん , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

子育てについて大切なこと①

ある時、ラジオから聞こえてきたこと 3月14日に車の運転中、ラジオから流れてきた …

ご入会ありがとうございます

とってもはきはきしたMちゃん 今年5歳になるMちゃんが体験レッスンに来てくれて、 …

おんがくかるた大会を開催しました

3月24日、1部、2部、3部、4部のグループに分かれて行いました。 おんがくかる …

講師の永瀬清美です

ご訪問、ありがとうございます こんにちは! さくらんぼピアノ教室を主宰しています …

レッスン室がハロウィン仕様に

年間のイベント、ハロウィン・ミュージックパーティーが近づいています 今年も仮装を …

お母様から

レッスン開始から1年の I ちゃん 去年の10月からさくらんぼピアノ教室の生徒さ …

さくらんぼピアノ教室だより12月号

今年最後の教室だよりです 時期的にクリスマスコンサートの話題が中心ですが、合わせ …

子育てについて大切なこと③

最後のポイントは 子育てについての5つのポイント、最後は 5 手本を見せる 人間 …

今年のお話組曲

年少・年中さん5名で「くいしんぼう王様とまほうの水」 10月、11月と練習をがん …

障がいを持つ子どもへのピアノレッスン

昨日10月13日、姫路市で「障がいを持つ子どもへのピアノレッスン」の講座があり、 …