岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

手首について

   

日常生活では

生活の中で使う「手首の動き」に、便利さゆえの違いが出てきました。

★ドアノブは

握って回すタイプから

   ↓

ひっかけるタイプへ

★水道の蛇口は

ひねるタイプから

   ↓

ひっかけるタイプへ

日常で使う動きに便利さが加わって、より手首の運動が少ない生活になりました。

えんぴつけずりも、鉛筆を差し込んでくるくる回すものから、今は鉛筆を入れるだけで削れてしまいます。

人の動きでしていた動作が、デザインや技術の進歩により時とともに変化していることは事実です。

ピアノを弾く時にかなりの割合で重要になる「手首の動き」は、このような日常生活の変化によりうまく使えない子どもたちが増えているように感じます。

遊びでも

手首を使う遊びは

★まりつき ★お手玉 ★あやとり ★おはじき ★けん玉

などがありました。

このような遊びの中で「手首」を使い「指先」も使いうことが、今は少なくなっているのではないでしょうか?

ピアノのレッスンをするときに、多くの生徒さんたちが「手首」を固めかちかちに弾いていたり、指先にチカラを入れすぎてピアノを弾く上で苦労しています。

ピアノを弾くって、もっと楽にゆるやかにできることことです。

脱力について

チカラを入れてピアノを弾く生徒さんたちに、どうやって脱力させるか、これは簡単にはできません。

「さぁ、チカラを抜いて」と言ってもぬけないので、より具体的に脱力の仕方を教えなくてはいけないんです。

そこで、私が昨年から勉強しているのが「アレクサンダーテクニーク」です。

教えてくださるのは、伊東佳美先生。

 伊東佳美先生のブログはこちら

とてもわかりやすい、具体的な指導法です。

私は現在、この指導法を導入してレッスンしています。

もし、指や手がよく動かなかったり、練習によって痛くなったりして嫌になってピアノのレッスンをやめた方、

この「アレクサンダーテクニーク」の弾き方でレッスンを受けてみませんか?

お問い合わせはこちら

お気軽にどうぞ(^^♪

 - セミナー, ピアノの先生との勉強会, レッスン, 生徒さん ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

30ン年ぶりに恩師を訪ねました

私が習ったピアノの先生 今、2歳~6歳の子どもたちがさくらんぼピアノ教室へと入会 …

田村智子先生のセミナー

3月10日、大阪で田村智子のセミナーを開催してきました 田村先生は、さくらんぼピ …

絶対音感フォローアップ講座を受けてきました

江口式「絶対音感プログラム」の極意を習得できました さくらんぼピアノ教室で実施し …

インフルエンザの猛威

今日は生徒さんたちはインフルエンザを含み6人のお休み 今までで一番多い、一日6人 …

合唱の伴奏

学校での音楽祭に 今年の秋も合唱の伴奏をする生徒さんが3名います。 「伴奏」は歌 …

昨日は大阪にて勉強会でした

ピアノを弾くための「身体の使い方」 ピアノを弾く時に使う身体は「手」や「指」だけ …

生徒さんたちに寄り添っていく

大事な10年間 さくらんぼピアノ教室に入会される生徒さんたちの年齢は2歳~6歳の …

着々と・・

プログラムもほぼ完成です! あと少し、修正箇所があるので待っててくださいね。 出 …

教え子のリサイタル

岡山市のルネスホールにて 9月14日(土)、以前の教え子のソプラノのリサイタルに …

発表会について

感染予防を考慮して 本来なら、前半は全員のソロ、後半は連弾、最後に講師演奏という …