岡山県倉敷市近辺のピアノ教室なら-さくらんぼピアノ教室

さくらんぼピアノ教室

リトミック勉強会に行ってきました

   

リトミックに真摯に向き合う種田葉子先生に

大阪在住の種田先生は、ご自身の経験からリトミックのすばらしさを伝えておられます。

それは、種田先生が交通事故に会い、かなりひどいけがをされた時のこと、

身体が思うように動かなくなり、暗い毎日を送ってらっしゃった時にリトミックに出会われました。

ピアノが流れて音楽を感じた時に、自然に体が動き始めたのでびっくり!

これはすごい!と実感され、リトミックの勉強を始めるようになりました。

今では生徒さんをはじめ、ピアノの指導者の先生方にも熱望され、日々リトミックのすばらしさを伝えておられます。

種田先生です。

今日は、その種田先生のレッスン室にお伺いし、7名のピアノの先生方と指導法についてのアドバイスを受けてきました。

子どもたちはあそんでる、と思っている

リトミックは大人の目から見ると、一見遊んでいるように見えます。

でも、子どもたちって「遊んでいる時」は夢中になりますね。

遊んで夢中になっている時だからこそ自然に身につく・・・・

リトミックは音楽の大事なことを「遊びの中で身につける」レッスンです。

先生のピアノの演奏によって、子どもたちが「こんな音の時は、どんな動きをしたらいいか」を考え反応します。

そして「音楽を全身で表現」し「視覚化」します。

それは、ピアノの音に合わせて動くことで、「音楽を見えるように」することです。

そして聴いて動いて実感する。

まさに、後のピアノのレッスンへとつながる活動です。

ピアノは指だけで弾くものではありません。

音楽に合わせて全身で表現することを知っていると、楽譜に書かれた音楽がどのように流れるか、

ピアノを弾くようになっても自然に「音の動きを考えながら弾く」ことができるでしょう。

それが表現の豊かさにつながっていきます。

私が今日学んだ内容は、リトミックのレッスンに来ている生徒さんたちだけでなく、

ピアノの個人レッスンの生徒さんたちにも取り入れられる内容なので、

少しづつ伝えていこうと思います。

 

 

 

 

 - ピアノの先生との勉強会, リトミック, レッスン, 生徒募集 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

障がいを持つ子どもへのピアノレッスン

昨日10月13日、姫路市で「障がいを持つ子どもへのピアノレッスン」の講座があり、 …

できる?できない?

カレンダー 昨年末、長女が松岡修造さんの日めくりカレンダー「まいにち、修造!」を …

弾きたい曲はいろいろです

ピアノのレッスンに対する気持ちは? ピアノの上達のポイントは「練習」です。 練習 …

空き時間のお知らせ今年最終

先日お知らせした水曜日17時半は 現在の生徒さんの移動で、埋まってしまいました。 …

子育てを終えた今だから言えること

4歳までの大切さ すでに3人の子育てを終えた今、4歳までの子育ての大切さを日々感 …

教室だより9月号

暑かった夏も終わりに近づいています 今週は教室だより9月号をお渡ししています。 …

負けず嫌い

一生懸命がんばる気持ちを持つきっかけとして、 「負けず嫌い」ということがあると思 …

発表会が終わってから・・・

6月、7月は発表会に向けての毎日でした 発表会の二か月前は、プログラムの作成、印 …

合格です。

Aちゃんが教本を合格して次に進みます。 今年の発表会でも積極的に大活躍してくれた …

体験レッスン

毎週、お問い合わせいただきありがとうございます 本日も体験レッスンに来てくださる …